私たちのこだわり

私たちのこだわり

大正元年に創業。老舗の4代目が、
本物にこだわる酒文化を提案する個性的な店です。
「飲むこと自体は文化ではありません。酒自体に文化があります。
アルコールで酔わせるのではなく、
心を酔わせる品揃え、
入ってきて豊かさを感じさせる店づくりを心がけております。

当店の歴史

当店は今年で創業107年を迎えました。

初代の後藤重助は、大地主の実家で育ったためかハイカラで、秋田市通町に店を出してからも牛鍋を食べながら黒ビールを飲んでいた程の美食家でした。当時は珍味類や漬物、下り酒(奈良、神戸、京都など)を取り扱っていたようです。店というものは、初代が苦労して財を成し、後継ぎが楽をし過ぎて看板を降ろす羽目になるというのが世の常ですが、当店は違っていたようです。

二代目は、お婿さんがたいそう働き者で、朝から晩まで稼いでいたひとでした。健康で長生きした人でしたが、第二次大戦中の品不足の中、売るお酒もなく畑を耕して食いつないでいました。戦後はまだ無名だった「高清水」を一生懸命売っていたようです。

三代目の父は旧高等専門学校を卒業し、戦争中は軍事工場に勤めていましたが病気で働けなくなり、帰省して家業を手伝っていました。味噌醤油の卸売りに精力を注ぎ、常に忙しそうではありましたが、やりがいを感じていたのが伝わってきました。

四代目の私はとにかく本物を売りたいという気持ちがありました。昭和55年当時のキャッチフレーズは「本物をあなたに」。当時の日本酒界隈は二級酒(普通酒)の全盛期で、純米酒の市場はほんの数パーセントしかありませんでした。米と水と酵母で醸す本物の日本酒を世に知らしめたい、そんな思いから日本酒業界に一石を投じるべく、昭和57年に純米酒のにごり酒を蔵元と一緒に発売したことを昨日のように思い出します。

お酒の流行・好みは変化していきますが、吟味された原料、確かな技術、丹念に製造して調和のとれた日本酒は、いつの時代にも舌の肥えたお客様に愛されるに違いないと私は信じております。

味覚鍛錬は気力と体力で養われるものです。それも日々年齢とともに衰えていきますが、健康に気を付けてレベルを維持するように努め、これからもお客様に喜ばれるお酒を発掘し続けたいと思っておりますので、より一層のご愛顧をよろしくお願い申し上げます。

秋田の日本酒

秋田の日本酒

米どころとして有名な秋田は美酒王国としても知られています。ふんだんな雪解け水は淡麗な酒を生み出す軟水へと変わり、肥沃な大地は「あきた酒こまち」や「美山錦」など、美味しい酒米を作り出します。そして、ここ秋田は、酒造りに適した気候や風土、旨い酒を造る要素をすべて兼ね備えた場所なのです。

こだわりのワイン

こだわりのワイン

昭和の時代から「必ずワインが支持される。そういう時代になる」と確信しておりました。ドイツワインアカデミーの研修を受講、続いてフランスワイナリーへの蔵巡りを試みた。

そして現在はフランスワインの自社輸入で展開しております。種類にとらわれない、良質な酒を楽しんでもらいたい。「限られたお金で、良質なもの」を求める舌の肥えたお客様たちのために、今後も「自分が消費者、飲み手の代表となって良いものを厳選し、提供してまいります。

アクセス

当店周辺の地図とアクセス

秋田駅から徒歩15分、秋田駅西口からバスで5分
※バスは神田線、川尻割山線、新屋線、泉ハイタウン線、茨島環状線、将軍野線、
添川線をご利用ください、
010-0912 秋田県秋田市保戸野通町2-27
電話番号 018-018-862-2185
営業時間 10:00〜20:00   毎週日曜日定休